search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 18歳の2.5次元俳優・設楽銀河、初の写真集は“同級生目線”で楽しめる! 今後の目標は「ヒゲが似合う役者」

18歳の2.5次元俳優・設楽銀河、初の写真集は“同級生目線”で楽しめる! 今後の目標は「ヒゲが似合う役者」

pic pic

設楽銀河

 俳優の設楽銀河が7日、都内でメンズビジュアルムック「A-VOICE設楽銀河」(講談社)の発売記念イベントに出席した。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 自身初の写真集となる同書について設楽は「今年のはじめ、2月に撮影しました」と紹介し、「最初に登場する学校のシーンは実際の僕の母校で撮ったものです。自分の中でも心情の変化があった楽しい撮影でした。内容としては勝手な僕の見方ですけど、同じ同級生目線、一緒に学校に通っているような雰囲気で見てもらえたら」とアピール。「僕の今がたくさん詰まった写真集です。今18歳なんですけど、10代感が満載の内容になっています。今の最新の僕を見て欲しい」と呼びかける。

 写真の出来栄えについても「200万点」と自信たっぷりで、「お世話になった方に写真集を配ったら、みなさん、『よかったよ』って。先日まで舞台をやっていて、荒牧慶彦さんに写真集を渡したら『大きくなったね』って。受け取ってもらえて嬉しかった。みんな親目線で感想をくれました」と嬉しそうに周囲の反響も紹介する。

 役者としては「歌が好きなので、今後はミュージカルなどに出たい」と目標を掲げ、「ちょうど年齢的に(大人と子供の)切り替わりの時期。大人の役もやれる年齢になったので、ヒゲが似合う役者になりたい」ともコメント。「小栗旬さんと山田孝之さんのヒゲが好きで憧れているんです。かっこいい人のヒゲっていいですね」と笑顔で小栗や山田への憧れも口にした。

 俳優としてのセールスポイントは「元気」とも発言。「これに尽きます。18歳なので元気に何事にも一生懸命取り組めます。荒牧さんのようにお芝居の間の取り方が上手な俳優になりたい」と設楽。今年11月に19歳になるが、「10代のうちにやっておきたい事」を聞かれると、「若い役は今しかできないので、この身長、年齢だからこそできること、今しかできない役に挑戦したい」と話していた。

(取材・文:名鹿祥史)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ