search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 強気な価格設定の豪華版!「みなおか」最終回、総集編ナシはDVDのため?

強気な価格設定の豪華版!「みなおか」最終回、総集編ナシはDVDのため?

pic pic

木梨憲武

 およそ30年の歴史に幕をおろす『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の最終回がしょぼすぎると話題だ。3月22日の放送は、松田聖子や野猿など、目を引くゲストは登場するものの、通常通りの1時間放送である。名物番組の最終回ではおなじみの企画である総集編がないのだ。そこには別の事情もからんでいるようだ。

 「『みなおか』は番組終了にあわせて3枚組のDVD-BOXが3月21日に発売となりました。『ガラガラヘビがやってくる』『がじゃいも』などの懐かしの名曲オープニングのほか、『ちょっと北の国から』『貧乏家の人々』などの名物コントに、モジモジ君などの人気企画が盛りだくさんです」(業界関係者)

 DVDはパッケージが固定された保存用と観賞用の2バージョンが発売され、ブロマイド3枚が封入される。定価はそれぞれ3万円(税別、以下同)。さらには、ポニーキャニオショッピングクラブで購入した場合は大型ステッカー、アマゾンはトートバッグ、ヨドバシカメラはクリアファイル、楽天ブックスでは手ぬぐいなど、オリジナル特典も付いている。

 「DVDは本当に売れない時代といわれています。映画作品の場合、ある程度名前がある作品であっても、三桁、あるいは最悪の場合は二桁しか売れないなんて話もあるほどです。そのため、なんとか購入してもらおうと、本編よりも特典ディスクをつけたり、オリジナルグッズをつけたりと、そうした要素が重要になるのです。特に今回は3万円と強気の値段設定ですから、レアな映像をテレビで流すわけにはいかないのでしょう」(前出・同)

 とんねるずが本当に「オワコン」であるのかの結論は、3万円のDVD-BOXがどれだけ売れるかにかかっているともいえるだろう。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ