search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「メッシ様に会えたら死んでもいい」小柳ルミ子、睡眠40分の仰天サッカー生活を明かす

「メッシ様に会えたら死んでもいい」小柳ルミ子、睡眠40分の仰天サッカー生活を明かす

pic pic

小柳ルミ子

 小柳ルミ子が14日、HARD ROCK CAFEの創業50周年を記念した「Live Greatness キャンペーン」のローンチイベントに登壇。サッカーの世界的スーパースターであるリオネル・メッシ選手への思いを語った。

 サッカーファン歴14年、年間約2000試合を鑑賞するサッカーファンの小柳。今回、メッシ選手を起用したキャンペーンの応援サポーターに就任し、スペシャルTシャツを着て登場した。メッシ選手との同時起用に「ご縁があるべくしてあったという感じ。私以外に考えられない」と満面の笑みを浮かべた。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 大ファンとして知られるメッシ選手の魅力について「全てです。本当に人格者で、お話ししたことはないですけどプレーを見ればわかるんです。ナンバー1なので普通こう(※天狗のジェスチャー)なりそうじゃないですか。謙虚で優しくて素直で全てが好き」と傾倒ぶりを明かした。そんな小柳の夢はメッシ選手との対談。過去に何度か生で観戦しているが「生きてる間にメッシ様と対談できたら、もう死んでもいい」。もし実現したら「号泣してしまうでしょうね」と目を輝かせつつ「何を話すかメモしておかないと」と準備に抜かりない様子だった。

 クイズコーナーではメッシ選手の年齢に関する質問も。「ちょっとやめて。『私にそれ聞く?』という感じですよ」と一瞬戸惑いながらも「1987年6月24日生まれ、あと10日で34歳。ちなみにかに座で私と同じです」と即答して会場を沸かせた。メッシ愛はとどまるところを知らず「私がもうちょっと若ければ、国境を超えて会いに行ってるかもしれない」と告白。それでも「恋愛感情はないです。不謹慎ですよ。神なんですから」と複雑なファン心理を打ち明けた。

 現在はサッカー漬けの毎日を送っており、この日も「仕事がある時は5試合、ない時は10試合。今朝も7時半まで生で見てきました」と徹夜明けで駆け付けたことを報告。「リーガ・エスパニョーラは全試合生中継で見ています。日本では(時差で)夜中の3時、4時だから、仕事が終わってから38試合ゆっくり見ています」。いつ眠るのかと質問されて「自然に眠くなるんです。40分くらいで目が覚める。万年時差ボケです」と仰天のサッカー生活を明かしていた。

(写真・文:石河コウヘイ)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ